〜歴史〜

正式名称The Open Championshipには、選手権大会として他の大会と区別するための表現が何も含まれていない。これはつまり、第1回開催時において、他の大会が存在しなかったことを示すものであり、この大会の歴史を如実に示している。

第1回は1860年10月17日にプレスト・ウィックで開かれ、ウィリー・パークが優勝しました。

それ以降は、1871年、1915~1919年、1940~1945年の戦争などによる中止をもありましたが、毎年開催する地区を変えて実施している。優勝者には「クラレット・ジャグ」と呼ばれる優勝トロフィーが贈られる。トロフィーは、優勝決定時間を見計らって専門の製作者により優勝者の氏名(英語)が一つ一つ手作業で刻印され、それが終了次第直ちに表彰式会場に搬送され、優勝者に手渡され、1年間優勝者により保管される。

千葉でイチオシの結婚式場はラ・セーヌブランシュ
千葉で結婚式場をお探しなら千葉エリア口コミランキング総合1位のラ・セーヌブランシュがおすすめ。JR各線からのアクセスも良い、千葉駅から徒歩3分なので遠方からのゲストも安心の好立地。駅西口からは案内表示もあり、ロータリーからは看板も見えるので迷うこともありません。まずはブライダルフェアへお越し下さい。

開催ゴルフ場はシーサイドリンクス(海岸に立地する場)に限るという不文律がある。近年では、セントアンドリュース、ロイヤルリザム&セントアンズ、ロイヤルトルーン、ロイヤルセントジョージス、ロイヤルバークデール、ミュアフィールド、ターンベリーの7コースの持ち回りで開催されていた。ただし、1999年と2007年にはカーヌスティ、2006年にはロイヤルリバプール(ホイレイク)で開催されており、これらは今後、開催コースのローテーションに加わると予想される。

また、5年に1回は世界的に有名な「ゴルフの聖地」と言われるセント・アンドリュース(R&A本部があります)で開催することが慣例となっているようです。しかしながら、2005年に限っては、本来翌2006年にセント・アンドリュースで開催される予定であったが、ジャック・ニクラスがこの大会を自らのメジャートーナメント完全引退試合と定めたことから、1年前倒しになりセント・アンドリュースで開催された。

全英オープンの最大の特徴は、ゴルフの歴史的な原点に立ち返った、人の手を加えない「あるがままの自然の状態」を残したリンクスコースにある。フェアウェイと呼ぶのがはばかれるほどのアンジュレーションに富んだフェアウェイ、壁面を干しレンガで垂直に切り立たせた深いバンカー、フェスキューを腰の高さまで伸ばした「あるがまま」のラフなど。こういったコース特性は、全ての開催ゴルフコースで維持されている。普段のツアーで使われる、アメリカのコースに代表される人口的な、人の手を加えて作り上げられたゴルフコースとは、全く異なる。

親への挨拶・結婚報告をするなら
これから結婚準備を始めるならウエディングプリンセスネットがオススメ。親への挨拶の際の心構えや作法、アイディアをお伝えします。初めての挨拶で好印象を持ってもらいましょう。

そのほかの特徴としては、気まぐれな気候条件が挙げられる。天候が良い年は「全英オープンらしくない」とさえ評されるほどです。スコットランド独特の、寒く、じめじめとした雨の降る天気とリンクスコース特有の海からの湿った強い風とに耐えながら優勝を争わなければならない。これにより、ゴルファーは低めの弾道の球を打つことを要求されるため、普段のツアーのように高々と打ち上げ、ピンの近くにボールを止める、というシーンは目にしにくい。

近年の傾向としては、セントアンドリュースが最もやさしく、スコアがでやすい。ロイヤルリザム&セントアンズ、ロイヤルトルーン、ターンベリーも優勝スコアが10アンダーをこえる。反面、ロイヤルセントジョージス、ロイヤルバークデール、カーヌスティはスコアが出にくく、アンダーパーが出せれば、まず優勝である。1999年のカーヌスティのポール・ローリーの6オーバーは、近年ではワーストスコアである。この年は、最終ホールまでに3打リードしていたジャン・ヴァン・デ・ヴェルデが18番ホールで池に入れるなどトリプルボギーを叩き、プレーオフ突入の末に敗れている(カーヌスティの悲劇とよばれる)。

プレーオフは、4ホールのストロークの合計によって争われます。それでも決着が付かなければ、サドンデスである。以前は、翌日に18ホールのストローク・プレー、すなわち、もう1ラウンドを回って行われていた。現在、ゴルフの4大メジャートーナメントで、18ホールのストローク・プレーでの翌日プレーオフが採用されているのは、全米オープンのみとなっております。

ゴルフスイング